35日あれば、たとえ偏差値37からでも公立第一志望へ奇跡の逆転合格が可能です。

LINK5

乾癬 治療
医学でもまだ完全に原因は解明できていない状態で日本では約10万人が苦しんでいるといわれています。特攻薬が無く完全に治療できないので、治すのではなく症状が出ないように付き合わなくてはいけません。この乾癬には幾つかの克服方法があります。私も日本の病院で受けられる処置のすべてを受けたと思います。その原理を知っておくと後々、実践のときに役立つので解説しておきます。「薬を飲めば治る」と良くいわれますが、実は自分の体を治しているのは自分自身の免疫力です。

どもり 治療
最初の1週間は、本当によくなっているのか?と半信半疑でしたが、2週間目を過ぎたあたりから、最初の第一声が詰まることは、相変わらずでしたが、話している最中にどもることが少なくなってきました。プログラムを進めて4週間目くらいから、気が付いたら最初に詰まるのが消えてきました。初対面の人と接する時は、今でもちょっとどもることもありますが、私が「どもり」だったとは気づかれないくらいのレベルです。今まで何年も悩んでいたことから開放されたので、このプログラムを実践して本当に良かったです。

ロシア語講座
私は就職活動の時、大学のランクもそれほど高くなかったこともあり、かなり苦戦をしておりました。そこで、面接の時に特技でアピールできて、将来も役立つものがあれば、1から勉強してみたいと思う様になりました。そんな中、以前から興味があったロシア語で、この講座のことを知ったのです。でも正直言って、あまり期待はしていませんでした。なぜなら、いかにも難しそうなキリル文字を短期間に理解したり、話せたりするのは、もとから頭のいい人だけの話だろう…そう思ったからです。ところが、いざ始めてみてびっくりでした。

ピアノ 上達
今時はシニア向けのレッスンをしてくれる教室があるのが分かっていても、52歳で初めてピアノに触れるとなるとかなり勇気が必要になるもので、中学生の頃、音楽の授業で、ト長調とかヘ短調とか、長3度、短3度って説明されても理解できなかったんですが、教材を読んで、「そういう事だったのか」って今頃になって、やっと納得できました。今回海野先生がこの大人が覚えやすい上達法をまとめた教材を公開することになった理由はシンプルです。「上達したいいけれど、なかなか上手くならない」と立ち止っている方があまりにも多いからです。そして、最短30日で上達でき名曲を弾きこなし「自分でも弾けた!」という感動と自信を持ってもらうためです。

英語 教材
毎日通勤電車の中でリスニングパワーを聞いています。最初は耳慣れない音がいきなり飛び込んでくるので、ビックリしましたが、何度か聞いているうちに慣れてきました。同じ音や文章が3〜4回繰り返し流れてくるので、必然的に耳に残ります。なので、この英語学習教材は潜在意識に働きかけ、効果が現れることに納得し、かつ自分自身実感しました。これからあなたにリスニングの秘訣を理解していただくためにある特別な女性の話をします。2006年、日本の北海道において、日本人女性(ミセスKと呼ぶことにします。)が、スコットペリーによる、発音レベルテストを受けました。

リンクについて

35日で奇跡の逆転合格を果たす高校受験必勝法の勉強の仕方を解説した教材です。

メニュー

高校受験について

当サイトについて

Yahoo!ブックマークに登録