35日あれば、たとえ偏差値37からでも公立第一志望へ奇跡の逆転合格が可能です。

高校受験について(入試制度) フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』より

高等学校では入学資格がある志願者を対象に、学力検査や内申書(調査書)などの成績評価を資料とする選抜を行い、これに合格した者が入学を許可される。

ほとんどの公立高校では受験時に内申書の提出を求める。

中高一貫教育などにおける、併設・連携中学校からの入学(内部進学)では筆記試験による学力検査が課されないこともある。

また、通信制高校などの場合、そもそも入学者の選抜自体が行われないこともある。

入試は大きく分けて、一般入試と推薦入試の2つがある。

一般入試では学力と内申書を、推薦入試では内申書や学校外活動実績などを用いて合否が判断される。推薦入試においては面接や小論文などを科す学校もある。

一般的には、推薦入試は一般入試よりも先に行なわれる。推薦を前期日程、一般を後期日程と呼ぶ県もある。

広島県では検査自体を選抜と呼んでいるため、推薦を選抜I、一般を選抜II、二次募集を選抜IIIと呼んでいる。


■私立学校の入試制度

私立高校などでは単願(専願)と併願に分け、第一志望者に対して、合格ラインを下げるなどの優遇措置をとる場合もある。私立高校の一般入試では内申書や内申点をほとんど参考にしない場合も多い。私立では本試験よりも前に生徒と相談を行い、本試験の成績にあまり左右されないでほとんど合格が決定している場合(入試事前相談)もあり、その不透明さが批判されている。


■公立高校の入試制度

自治体立の公立高校の入試制度は都道府県により異なっている。

複数の高校を組み合わせて入試の合否の判定を行う総合選抜・学校群制度・複合選抜などを実施する自治体と、学校単位で選抜を行う単独選抜を行う自治体がある(あった)。


この高校受験教材で奇跡の逆転合格を目指そうではありませんか!

35日で奇跡の逆転合格を果たす高校受験必勝法の勉強の仕方を解説した教材です。

メニュー

高校受験について

当サイトについて

Yahoo!ブックマークに登録